幼稚園のこと 園での生活 入園のご案内 お問い合わせ
Search
Calendar
<< December 2018 >>
SunMonTueWedThuFriSat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
携帯サイト
qrcode
≫管理者ページ
RSSATOM
11月のお誕生日会(年少組)

今月のお客様は赤ずきんちゃん。
おばあちゃんのお見舞いに行くために、持ってきたのはパンと…!??…チーズのはずが間違えて大縄を持ってきてしまいました。

子どもたちにプレゼントしてくれるということになり、早速使い方を見せてくれました。大縄を見て「綱引き〜」と話していた子どもたちもピョンピョンと跳ぶ赤ずきんちゃんを見て、使い方を知り、一緒に数を数えたり、「やりた〜い!」と“早くやってみたい”という気持ちで溢れていることが伝わってきました。エプロンシアターでは、「三びきのこぶた」を行い、問いかけに反応しながら楽しくよく見ていました。

また、学園長先生の畑でとれたおやつのみかんの皮を一生懸命むき、「甘酸っぱいね!」と味わって食べる姿がとても可愛らしかったです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

後日、大縄跳びを始めると、”やってみよう”と取り組み、繰り返し続ける子と1回やったことで満足する子・・と、姿は様々でしが、跳ぶ楽しさを感じていることが伝わってくるので、そこから「○回跳べるようになりたいなぁ」と目標を持ったり、友だちと刺激し合いながら、根気強く続ける姿が見られていくことを期待しています。

 

 

 

 

| ichigao | お知らせ 在園児の方へ | - | - |
カレンダー作り(年長組)

先日お手紙でもお知らせしましたが、この活動を行うにあたって子どもたちに鏡を持ってくるように伝えました。

当日、「鏡持ってきたよ!忘れなかったよ!」と自慢気にやってくる子、「忘れちゃった〜…」と自分で気づき伝えに来る子…と様々でしたが自分の力で覚え、責任を持って伝えて持ってこよう!と心を動かしていたのではないかな…と感じています。そして今回の活動はスチレンに鉛筆で自分の顔を描き、筆跡のへこみを利用して版画にする、というもので、見たままの自分の顔を描いてみようと伝えました。

みんなの、目や鼻、口はどんな形をしているのかなと?問いかけると、
「鼻の穴は2つ〜」「まつげがある」「まゆげはいっぱい生えてる!」…
等、思わず笑ってしまうようなつぶやきもありつつ、改めて自分の顔のつくりを確認した上で早速活動に取り掛かりました。鏡をのぞきこんで細かいところまでよく見て描き進める子やじっくり時間をかけて慎重に取り組む子もいました。
翌日、ローラー、バット、バレンを使って版画を行うときれいに映ったお顔を見て「うわ〜!!」と歓声を上げ、仕上がりを喜ぶ姿がありました。後日、カレンダーにして、持ち帰る予定ですのでお楽しみに!!

 

PB150617.JPG PB150616.JPG

PB212958.JPG PB212957.JPG

PB212956.JPG

| ichigao | お知らせ 在園児の方へ | - | - |
大根堀に出掛けました(年長組)

11月16日(金)に、大根ほりに出かけました。
立派な大根を、力いっぱい引き抜いた子どもたちのお顔はとても嬉しそうでした! お家でおいしく召し上がられたでしょうか。
小さな種がこんなに大きく育ったことに、大感激の子どもたちでしたスマイル

 

PB160939.JPG PB167740.JPG

PB160941.JPG PB167750.JPG

 

 

| ichigao | お知らせ 在園児の方へ | - | - |
こどもこすもすまつり(年長組)
11月14日に「こどもこすもすまつり」を開きました。3週間をかけて、たくさんの品物を作り上げた子どもたち。
その意欲や、一斉活動で行った品物作りの時の集中力と豊かな発想力、そして、一つひとつを丁寧に作り上げる姿には保育者も驚かされる日々でした。
PA230493.JPG PA317599.JPG
PA230509.JPG PB090858.JPG
 これまで一生懸命に作ってきた品物をお部屋いっぱいに並べ、「ドキドキしてきた」「全部売れるといいね」と期待に胸を膨らませ、お客さんを待ちわびていた年長組のみんな。いよいよ開店時間になると「いらっしゃいませ〜!!」の大きな声と共に年少さん、年中さんを迎え、夢中になって接客をしていました。
 次第にお部屋の中がお客さんでいっぱいになると、より一層一人ひとりの声も大きくなっていき、なかなか売れないものあがあると、実演して遊び方を伝えていたり、
 小さい組のお客さんがやって来るとお店の前まで出ていき、同じ目線で優しく声をかけていたりと、張り切る姿があちらちらで見られた一日となりました。
 また、全ての商品が売り切れると「○○屋は全部売れました〜!!」「○○は完売です!」と、嬉しさいっぱいの声が上がり達成感に溢れていました。

ここで、子どもたちの可愛らしい「つぶやき」をご紹介します。
〜登園時〜
・同じお店のお友だちに「きょう、頑張ろうね!!」
・「全部売れるといいなぁ〜」
〜お店屋さんをやる中で〜
・普段は恥ずかしがり屋な子も店員さんになりきり、大きな声で「いらっしゃいませ〜!!」
・「こちらがおすすめでーす!!!!!」
〜終了後〜
・年少さんや年中さんが品物で遊ぶのを見て「使ってくれてる!」
・「お店屋さんって大変だな...」「完売してよかった!」
・帰りのバスの中で「さっきは買いに来てくれてありがとう!」
PB130873.JPG PB130875.JPG
PB130891.JPG 
 品物作りを通して様々な道具や素材に触れたことで、その時々で必要なもの、使えそうなものを自分たちで考えながら作っていけるようになり、
一つひとつの経験からたくさんのことを吸収していった3週間でした。楽しみながら、思い切り力を注いで取り組めたことが、当日の達成感や充実感に
つながっていたのではないかと感じています。みんなで一つのことをやり遂げたことが、今後の力となることを願っています。
PB130911.JPG
| ichigao | お知らせ 在園児の方へ | - | - |
こどもこすもすまつり(年少組、年中組)

11月13日(火)に、年長さんの子どもたちがお店屋さんとなって、「こどもこすもすまつり」が開かれました。

会場は、こすもすまつりで作品展示となっていた年長組の保育室です。

この日に向けて、年少組ではお金作り、年中組ではお財布作りを行い、”どんなお店かな?”と期待感を膨らませていました。

 

年少組お金作り

 

  

 

年中組お財布作り

 

 

 

 

 

当日のお買い物の様子

 

 

 

 

 

 

 

 

この日までに年長組の保育者と、子どもたちとが協力し、たくさんの作品を作り、そしてその中で年少、年中の子どもたちが喜ぶように…と、たくさんアイディアを出して取り組んできました。すべてのお店が完売し、とても嬉しそうに達成感を味わう姿は輝いており、年少、年中組の子どもたちも買ったものを大事そうにしながら遊ぶ姿が見られました。

年長組さんの温かさを感じながら、年少、年中組の子どもたちも大きくなった時に大いに力を発揮していってほしいなと思っています。

 

年長さん、どうもありがとう!!!!

 

| ichigao | お知らせ 在園児の方へ | - | - |
| 1/182PAGES | >>